お彼岸のおはぎ

今期も由月様よりおはぎをいただきましたヽ(´▽`)ノ
春は気温が高めなので、砂糖もちょっと多め。甘さで季節を感じるのもオツなものです。

おはぎ


「ほしい物リスト」で個人情報だだ漏れだった件

いつも思う事ですが、公開される情報に個人情報を含めてはならないとあれほど……

アマゾン「ほしい物リスト」、他人に丸見え 本名も表示

 姓名の一部や住んでいる都道府県名を入れると、該当するユーザーの名前の一覧が表れる。どれかをクリックすると、そのユーザーの「ほしい物リスト」が表示される仕組みだ。アマゾンは利用者数を明らかにしていないが、「佐藤」で検索すると、2万5000人以上の名前の一覧が表示された。

アマゾン「ほしい物リスト」、他人に丸見え 本名も表示

京(ry警察本部 広報応接課秋田県警察本部広報広聴課のウィッシュリスト

となりのクレーマー?「苦情を言う人」との交渉術 (中公新書ラクレ 244) (新書)

某警察本部のウィッシュリストがw

実際、ワイルドカード検索を行うと、全ての住所を公開してしまっている人のリストがぞろぞろ出てきてました(;´Д`)
個人情報を集める業者にとってはえらい事になってたんじゃなかろうかと思うです。住所・氏名・生年月日・個人の趣味趣向(エロ本やエロ器具が含まれてたら性嗜好まで)がだだ漏れだったわけなので……。
(現在は検索機能が無効になってます)

ただ、ウィッシュリストだった当初から、これは公開情報であることが告知されていることなので、ユーザのケアレスミスによるものであるはずなのですが、単純にそう言い切れないのも確か。
つーかamazonの中で、注意すべき情報を的確に得られない画面が多々あるような気がします。手続としてのインターフェイスが悪いよねぇ……。


MacOSX10.3のSafariでGoogleMapを表示すると落ちる件

最近気づいたのですが、MacOSX10.3(Panther)に同梱されているSafari(いわゆるSafari1系。1系の最新は1.3.2かな?)でGoogleMapを表示させると、確実に落ちます。
これは本家だけでなく他所のサイトでも、iframeでGoogleMapを貼付けるとそのページで落ちてしまいます。

原因はわりと単純で、Safari1で手に負えないJavaScriptコードが入っていること。
非対応なのかSafari1のみで発生するバグなのかは分からんのですが、この現象はjQueryと一部のプラグインとの組み合わせでも発生するのを確認しているので(というかsafari1系ではまるで動かないプラグインがだいぶ増えてきています)、つまるところ、MacOSX10.3の人はぼちぼち10.4以降にアップグレードした方がよいかもね、というオチでした。

悩ましいことに、現在リリース中のWebkitは10.3でインストール出来ません。昔のは出来るのかな……?

追記:080320

Googleマップのトラブルシューティングにて、公式サポートから以下の書き込みが。

現在 Google マップでは Safari 2.0.4+ をサポートしています。

それは急に起こった – トラブルシューティング/ブラウザの情報 | Google グループ

で、日本語のヘルプセンターでの記述では「Safari 1.2.4以降」ですが、英語版では「Safari 2.0.4+」となってます。日本語版の更新がまだみたいで。はよせい。

Google Maps currently supports the following web browsers:

  • IE 6.0+ (download: Windows)
  • Firefox 1.5+ (download: Windows Mac Linux)
  • Safari 2.0.4+ (download: Mac)

Which web browsers does Google Maps support? – Google Maps Help Center

公式に、Safari1系はサポート外になりました orz


登りやすい木

田園都市線藤が丘駅前の公園にて。

地面より1m程から太い幹が細かく枝分かれしていて、子供でも容易に登れる木。
見た時も数人が登っていました。

「木登り=危険」で排除するなど、見識を疑うような所もある中で、児童公園にこういう木があるのは良い事です。

20080302_1525.jpg