Category Archive: WordPress

[WordPress小ネタ] 特定のタグを設定した時、投稿表示の前に確認文言を表示する

制約のあるコンテンツを表示する前に、確認事項の同意をとっておきたい時などに使えるかもしません。
single.php の the_content() の部分を下記の具合に変更し、

if(has_tag("foo")) {
	if(isset($_COOKIE["hogehoge"])) {
		the_content();
	} else {
		※ 確認文言 ※
	}
}

この確認文言の中のどこかに、下記のようなcookieをセットするJavaScriptを入れ、クリックを促します。

<a href="javascript:void(0);" onclick="document.cookie='hogehoge=1';location.reload();">確認事項に同意します</a>

きちんとcookieがセットされれば、the_content() が表示されるはず。

» サンプル

[WordPress小ネタ]ページスラッグとユーザIDが同じ場合のみcontentを見せる方法

WordPressのフォーラムを潜ってたら下記のスレッドを見かけて、ちょっと試してみました。

ユーザー名「hogehogesan」が居たとして、
WordPressの固定ページでスラッグ名「hogehogesan」を作成。
http://example.com/hogehogesan/

page.php の get_header(); の前に、auth_redirect(); を入れて、強制的に認証させておき、
the_content() の所を下記のようにしておけば、上記固定ページはユーザー名「hogehogesan」のみ閲覧でき、他の人は「hogehogesanさん専用ページです」と表示されるというもの。

global $current_user;                  // ログインしているあなた
get_currentuserinfo();                 // あなたの情報を取得
$uname = $current_user->user_login;    // ユーザー名を取得
$slug = get_page($page_id)->post_name; // このページのスラッグを取得

if($uname==$slug){  // ユーザー名とスラッグが一緒ならcontentを表示する
	the_content();
} else {            // 違ったらエラー表示
	echo $slug."さん専用ページです。";
}

パスワードは管理者が固定ページに設定するのではなく、ユーザーごとに管理してもらった方が、漏れた時に管理者の責任が多少は少なくなるという考えなので、こんな塩梅が良いのではと思った次第です。

WordPress小ネタ:記事の表示範囲を会員/非会員の区別によって任意の位置で区切る

旧聞ですが最近使ったネタをば。
日経やasahi.comみたいに、会員と非会員で表示を分ける方法。

普通は single.php に

<?php
if(is_user_logged_in()):
	the_content();
else:
	the_excerpt();
?>
<p>この記事は会員限定です。 ……………</p>
<?php endif; ?>

みたいにするわけですが、興味を引きつけたい記事なのに先頭から○○文字とかで自動的にぶった切られてしまいます。できれば <!-- more --> の位置まで見せたい。

そういう時は、単体記事ページでも more の動作を使うためのひと工夫を。

Function Reference/the content :: Overriding Archive/Single Page Behavior
http://codex.wordpress.org/Function_Reference/the_content#Overriding_Archive.2FSingle_Page_Behavior

<?php
if(is_user_logged_in()):
	the_content();
else:
	global $more;
	$more = 0;
	the_content('');
?>
<p>この記事の続きは会員限定です。 ……………</p>
<?php endif; ?>

みたいな内容を書けば、非会員の会員登録を誘引できそうな位置で、記事を一旦切ることが出来ると。便利便利。

WP Social Bookmarking Lightのはてブボタンを行動情報取得しないものに変更する

WP Social Bookmarking Lightが3/11にアップデートされ、行動情報を取得しないものに更新されてました。

1.7.1
Updated: replaced script of hatena to no tracking version.

以下古い記事 orz

対象者

WP Social Bookmarking Lightを利用してソーシャルボタンを設置してる人

変更対象ファイル

設置ディレクトリ/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/modules/services.php

変更箇所

92行目
変更前:bookmark_button.js
変更後:bookmark_button_wo_al.js

簡単ヽ(´▽`)ノ
アップデートの際にはその都度確認を。

備忘録 : wp_list_categoriesで出力されるカテゴリ一覧のリンクの中に記事数も含めるテスト

タイトル長い……

WordPressのテンプレタグ[wp_list_categories]で通常出力されるカテゴリ一覧のリンクは、

上記の通り。これを、

上記のような塩梅にしたい時のソースは下記。WordPressのテンプレをいじるには少々PHPを覚えにゃならんらしい。

<ul class="***">
<?php
$string = wp_list_categories('show_count=1&title_li=&echo=0');
echo preg_replace('/<\/a> (\([0-9]*\))/', ' $1</a>', $string);
?>
</ul>

070701 :: ここまでのおさらい

使用者にとっては激しく既出なはずの留意事項を、私が忘れないように書き留めおくことに。

テーマの件

  • 元となるテーマは、公式のTheme ViewerからBasic 1.0を選んだ。およそ必要なタグが使われていて、スタイルシートは真っ白という非常にありがたいテンプレート。これをもとにソースの細かい部分とスタイルシートを編集。
  • Basic 1.0を含め、いくつかのテーマにXSS脆弱性があるので、それを予め解消しておく事。
  • カレンダー表示を加えると、記事のアップ間隔の長さがバレるので、ものぐさにはお薦めできない(ぉ
  • PHP系のアクセス解析を埋め込む際はindex.phpの中にincludeする。テーマファイルには書かない。
  • 画像表示のアクセスカウンタはテーマファイルの中に。その際、カウンタ自体のファイル置き場設定などはフルパスが好ましい。

モブログの件

  • WordPress自体のメール投稿機能だと携帯電話からのメール処理に難があるので、SOMY.JPで配布している「SOMY Mobile Gate」を使用することで解決。
  • ただ、WordPressの置き場とindex.phpの設置場所が異なる場合は、mobile-gate/modules/wp-mail.php の399行目、401行目、431行目を適宜いじる必要あり。
  • メール送信後自動的に記事作成するには、cronとかで一定間隔の処理を予約しておく。単にMobile Gateを読み込むだけなので、wgetが良し。