textbox.jptextbox.jp 2019-10-14T16:52:18Z https://www.textbox.jp/feed/atom WordPress kuracom <![CDATA[新環境のさくらスタンダードへ移りました]]> https://www.textbox.jp/?p=2306 2018-11-11T15:37:52Z 2018-11-11T15:02:20Z 春ごろにさくらのレンタルサーバが新構成に更新されたというころで、さくらのスタンダードからさくらのスタンダードへ移転しました。
とても快適(*´д`*) WordPress管理画面の体感では5倍以上速い。ついでにhttpsにしました。

旧環境は、最初は静的HTMLと掲示板CGI、後にBlosxom、ファイル操作をミスって日付がおかしくなったあたりからWordPressを使うようになりました。
この環境でWordPressを使うにはなかなか重荷で、PHP5.6未満の頃はAPCuとかOPcacheを別途makeしてみたり(CGIモードだったので効果無かったのですが…)キャッシュプラグインをあれこれ入れてみてなんとか凌いでました。

2004年から14年間、趣味にお仕事に支えていただいた旧環境、本当にありがとうございました。
これからも新環境でどうぞよろしくお願いいたします。

]]>
0
kuracom <![CDATA[OpenTypeフォントから常用漢字サブセットのウェブフォントを生成するメモ]]> http://www.textbox.jp/?p=2290 2018-07-31T05:20:13Z 2018-07-31T02:45:47Z 目的

源ノ明朝をウェブフォントとして利用したいけどハイパー重いので、ひらがな・カタカナ・よく使う英数記号・常用漢字だけを抜き取って書き出したい。

下準備

あらかじめPythonがインストールされている環境で(MacだとHomebrewで入れるのが良さそう)、fonttools と brotli をインストール。

> pip install fonttools brotli

作業

以下の例は源ノ明朝のサブセットを作る流れです。

  1. 最新フォントデータをダウンロードする
    https://github.com/adobe-fonts/source-han-serif/tree/release/OTF/Japanese
  2. 収録する文字を用意する。例) subset_joyo.txt
  3. 各ファイルを適当なディレクトリにまとめて、pyftsubsetに投下。
    (以下は SourceHanSerif-Medium を SHS-M-joyo として書き出す例)

    > pyftsubset ./SourceHanSerif-Medium.otf --text-file=./subset_joyo.txt --layout-features='*' --flavor=woff --output-file=./SHS-M-joyo.woff
    > pyftsubset ./SourceHanSerif-Medium.otf --text-file=./subset_joyo.txt --layout-features='*' --flavor=woff2 --output-file=./SHS-M-joyo.woff2

結果

概ね現実的なサイズまで小さくなりました。

  • woff : 1.7MB
  • woff2 : 1.4MB

使ってみる

@font-face {
  font-family: "mincho";
  src: url("./SHS-M-joyo.woff2") format('woff2'),
  		url("./SHS-M-joyo.woff") format('woff');
}
.mincho {
	font-family: mincho,serif;
	font-feature-settings: 'palt';
	font-size: 24px;
	letter-spacing: 0.7px;
}
表示例) abcABC・あいうえお・サンプルテキスト・常用漢字・源ノ明朝

補足

毎回フォントファイルを読み込んでしまう場合は、 .htaccess に以下の指定を入れておく。

AddType application/font-woff  .woff
AddType application/font-woff2  .woff2

<IfModule mod_deflate.c>
SetOutputFilter DEFLATE
SetEnvIfNoCase Request_URI \.(?:gif|jpe?g|png|ico)$ no-gzip dont-vary
AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain
AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
AddOutputFilterByType DEFLATE text/css
AddOutputFilterByType DEFLATE application/font-woff
AddOutputFilterByType DEFLATE application/font-woff2
</IfModule>

<ifModule mod_expires.c>
ExpiresActive On
ExpiresDefault "access plus 1 seconds"
ExpiresByType text/html "access plus 0 seconds"
ExpiresByType image/gif "access plus 2592000 seconds"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 2592000 seconds"
ExpiresByType image/png "access plus 2592000 seconds"
ExpiresByType text/css "access plus 604800 seconds"
ExpiresByType application/javascript "access plus 604800 seconds"
ExpiresByType application/font-woff "access plus 1 year"
ExpiresByType application/font-woff2 "access plus 1 year"
</ifModule>

補足2

他所から参照されないようにしておくと安心。
参照 : .htaccess – Prevent others from leaching/downloading fonts using htaccess? – Stack Overflow

SetEnvIfNoCase Referer "^https?://([^/]*)?textbox\.jp/" local_ref=1
SetEnvIf Referer ^$ local_ref=1

<FilesMatch "\.(woff|woff2)$">
  Order Allow,Deny
  Allow from env=local_ref
</FilesMatch>
]]>
0
kuracom <![CDATA[Amazonの商品ページURLを短くする雑なブックマークレット(今さら)]]> http://www.textbox.jp/?p=2263 2019-10-14T16:52:18Z 2018-05-11T02:10:50Z (追記) Prime Videoで動かないなーと思ったら name=”itemId” だったのでセレクタを追加しました。
(追記2) またもやPrime Videoで動かないのでセレクタを追加しました。
(追記3) 変数を一部誤ってたようで恥ずかしい… co.jp以外でも使いたいので location.hostname を参照するようにしました。
(追記4) シリーズ表示(例:土星マンション, 瑠璃宮夢幻古物店)用のセレクタを追加しました。
(追記5) 最初から #cr-state-object のJSONを参照すれば良かったのでは、ということで内容をすっきり変更。

手垢が付きまくった小ネタ。
最初、URLを分解して抜き出すみたいなことをやってたのですが、ページ内のフォーム要素に記載されているようなのでそちらを利用することにします。
PCやスマホ画面を眺めてみると、商品コードが収まる <input type=”hidden”> 要素のnameが ASIN.0 とか ASIN とか asin などまちまちだったので、 document.querySelector に全てのセレクタをつっこんで、見つかったものを摘めばシンプルでよかろうと思いました。
なんやかんやで結局シンプルに、 #cr-state-object 要素のJSONをパースして、商品コード asin を抜き出し、無ければフォーム要素から抜き出すようにしてみました。

javascript:!function(){var e,t=window.location.hostname,a=document.querySelector("#cr-state-object");(e=a?JSON.parse(a.getAttribute("data-state")).asin:document.querySelector('[name="ASIN.0"],[name="ASIN"],[name="asin"],[name="itemId"]').value)&&(location.href="https://"+t+"/dp/"+e)}();

上のブックマークレットは、以下のコードをJavaScript Minifierに通しました。

(function(){
  var asin,
    h = window.location.hostname,
    state = document.querySelector('#cr-state-object');
  if ( state ) {
    asin = JSON.parse( state.getAttribute('data-state') ).asin;
  } else {
    asin = document.querySelector('[name="ASIN.0"],[name="ASIN"],[name="asin"],[name="itemId"]').value
  }
  if ( asin ) location.href = 'https://'+h+'/dp/' + asin;
})();
]]>
0
kuracom <![CDATA[2018]]> http://www.textbox.jp/?p=2254 2018-04-16T11:52:21Z 2018-01-03T16:38:54Z 「戌」 謹賀新年 本年も何卒よろしくお願い申し上げます 2018年元旦

今年も先人の文字を参考に書き初め。

]]>
0
kuracom <![CDATA[[CSS小ネタ] どうしても本文に游ゴシックを使いたい時のCSS指定]]> http://www.textbox.jp/?p=2228 2018-04-16T12:10:15Z 2017-06-01T14:06:06Z 追記 20180416

最近のChromeのバージョンでは、以下サイトの方法が最良です。

必要な時はしばらくこんな具合で使ってみます。

font-family: "游ゴシック Medium", "Yu Gothic Medium", "游ゴシック体", YuGothic, "Hiragino Kaku Gothic ProN", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", Meiryo, Verdana, sans-serif;

※ここから下は現在参考になりませんのでご留意ください。

参考サイト

以外と厄介なんですね…

妥協案

@font-face {
  font-family: "Yu Gothic";
  src: local("Yu Gothic Medium"),local("Yu Gothic");
  font-weight: 500;
}
@font-face {
  font-family: "Yu Gothic";
  src: local("Yu Gothic Bold"),local("Yu Gothic");
  font-weight: bold;
}
body {
	font-family: "Yu Gothic", YuGothic, sans-serif;
}

たまにこんな塩梅で使っています。

body {
	font-family: "Yu Gothic", YuGothic, "Lucida Grande", "Hiragino Kaku Gothic ProN", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "メイリオ", Meiryo, Osaka, Verdana, sans-serif;
	font-feature-settings: 'pkna';
	letter-spacing: 0.5px;
}

比較画像を作ってみました。

游ゴシックは16px未満だと本文書体としては厳しそう。

]]>
0
kuracom <![CDATA[2017]]> http://www.textbox.jp/?p=2211 2017-01-03T06:09:03Z 2017-01-03T06:06:48Z 「酉」 謹賀新年 旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り誠にありがとうございました。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

明代の文人、文徴明氏の「酉」をお手本にしました。

]]>
0
kuracom <![CDATA[[WordPress小ネタ] 漏れ串からのコメント投稿を一旦承認待ちにする機能]]> http://www.textbox.jp/?p=2203 2017-06-01T14:00:07Z 2016-12-23T12:17:25Z 一律に拒否してしまうと会社等のプロキシからも書き込めなくなってしまうので、一旦承認待ちとなるようにしています。
先にAkismet等がspamとしたものは尊重するようにし、そうならなかったコメントを判定対象とします。
プロキシ特有の環境変数は HTTP_X_FORWARDED_FOR や HTTP_VIA を見れば良いっぽいですが、必要に応じて足してみてください。

※textbox.jpでは使っていません。

テーマの functions.php に追記する内容

add_action( 'comment_post', 'proxy_comment_unapproved', 15, 1 );
function proxy_comment_unapproved( $comment_ID ) {
	if ( !empty($_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_FOR']) || !empty($_SERVER['HTTP_VIA']) ) {
		$comment = get_comment( $comment_ID );
		$comment_arr = array();
		$comment_arr['comment_ID'] = $comment_ID;
		if ( $comment->comment_approved !== 'spam' ) {
			$comment_arr['comment_approved'] = 0;
		}
		wp_update_comment( $comment_arr );
	}
}

参考:Function Reference/wp update comment

もうちょっと頑張るならば、例えばTorの出口ノードリストを定期的に取得して保存しておき、投稿者のIPアドレスがそれに含まれるか判定する条件分岐を追加しても良いかもしれません。

]]>
0
kuracom <![CDATA[[WordPress小ネタ] ソーシャルボタンのリンクURL生成でよく使うネタ]]> http://www.textbox.jp/?p=1980 2018-07-26T03:11:36Z 2016-08-18T03:32:24Z 使う頻度がわりとあるのでメモとして。(ちょいちょい修正・追記しています)

global $post;
$url       = get_permalink($post->ID);
$enc_url   = rawurlencode($url);
$title     = get_the_title($post->ID) . ' | (短めのサイト名)';
$enc_title = rawurlencode($title);
$thumbnail = get_the_post_thumbnail_url($post->ID,'large');
$enc_thumbnail = rawurlencode($thumbnail);

$link_twitter   = 'http://twitter.com/intent/tweet?text='.$enc_title.'&amp;url='.$enc_url;
$link_facebook  = 'http://www.facebook.com/sharer.php?u='.$enc_url;
$link_hatena    = 'http://b.hatena.ne.jp/entry/'.$enc_url;
$link_line      = 'http://line.me/R/msg/text/?'.$enc_title.'%20'.$enc_url;
$link_pinterest = 'http://www.pinterest.com/pin/create/button/?url='.$enc_url.'&amp;media='.$enc_thumbnail.'&amp;description='.$enc_url;
]]>
0
kuracom <![CDATA[[WordPress小ネタ]時限公開リンクのショートコード]]> http://www.textbox.jp/?p=1970 2016-09-29T15:54:31Z 2016-08-18T03:24:38Z 指定期間を過ぎたらリンクタグのみ除外したい、という要望があったので作ってみた小ネタ。
キャッシュプラグインやnginxでページキャッシュを有効にしている場合は、取下げ時刻にキャッシュクリアする必要があるのでご注意ください。

■使用例

*中のテキストもまるごと取り下げたい
[limit_link href="http://www.google.com" end="2016-03-05 01:51:00"]サンプルテキスト[/limit_text]

*リンクだけ取り下げたい+別ウィンドウで開く
[limit_link href="http://www.google.com" end="2016-03-05 01:51:00" target="_blank" text="show"]サンプルテキスト[/limit_link]

function custom_shortcode_limit_link( $atts, $content = null ) {
	extract( shortcode_atts( array(
		'href'   => 'http://example.com/',
		'target' => '_self', 
		'end' => '2015-12-31 23:59:59',
		'text' => 'hide'
	), $atts ) );
	
	$now = date_i18n('U'); // 現在の時刻
	$expire_date = date('U',strtotime($end)); // 取り下げ時刻
	
	if($expire_date >= $now) {
		// リンク掲出期間中
		return '<a href="' . esc_html($href) . '" target="' . esc_html($target) . '">' . esc_html($content) . '</a>';
	} elseif ($text === 'show') {
		// 掲出終了後、テキストは表示する場合
		return esc_html($content);
	} else {
		// 掲出終了後、丸ごと消す場合
		return;
	}

}
add_shortcode('limit_link', 'custom_shortcode_limit_link');
]]>
0
kuracom <![CDATA[[WordPress小ネタ] メディアファイルのアップロード時に自動付与されるタイトル・キャプションを空欄で登録する機能]]> http://www.textbox.jp/?p=1941 2016-09-29T15:54:31Z 2016-01-23T16:04:50Z function media_upload_default( $post_ID ) { $args = array( 'ID' => $post_ID, 'post_title' => '', 'post_excerpt' => '', 'post_content' => '', ); wp_update_post( $args ); } add_action( 'add_attachment', 'media_upload_default' );

下記サイトを参考にしました。

How can I add a default description to uploaded files?
http://wordpress.stackexchange.com/questions/121709/how-can-i-add-a-default-description-to-uploaded-files

]]>
0